ディズニーシー

海底2万マイルとセンターオブジアース

エントランスからは視認できないが、ポルト・パラフィーゾの正面に位置するプロメテウス火山の裏側には、様々なアトラクションが隠れている。

人気アトラクションの海底二万マイルは、人気SF作家のジュール・ベルヌの小説を下敷きにした冒険型のアトラクションである。

潜水艇ノーチラス号での海底探査を追体験できる。船長の名、ネモは、実のところ、“no one”のアナグラム。

母音と子音を入れ替えることで成立するこの名は、極秘の海底探査船の船長が、また、”誰でもない“と名乗るベルヌらしいウィットに満ちている。

アトラクションの周囲の海生生物も実に凝っていて、お出かけになる前に小説や、海洋図鑑をご覧になってみると、さらに楽しめるだろう。

海底二万マイルが海中の散策ならば、センターオブジアースは、地底の探索だ。このアトラクションもまた、ネモ“誰でもない”船長が一枚かんでいる。
海底だけでは飽き足らず、地中にも探索の手を伸ばしたネモ船長。

クルーとなって地底探査車に乗り込むアトラクションは、地底を走り回る爽快感を味わえる。

最後は火山噴火の蒸気で地上に飛び出す設定なので、早い乗り物が苦手な人は少し注意が必要だ。

もっとも、安全バーがしっかりあるので、心配はいらないが。

このアトラクションも背景がよく作りこまれている。

水晶の群落や、探査の道具が転がっていて、待ち時間も飽きさせない。一回の搭乗人数は、6名。

ファストパスに対応しているので、近場の海底二万マイルと、時間をずらして入手しておこう。

 

サイトマップ

結婚