ディズニーシー

アメリカンウォーターフロント

出航間近のs・sコロンビア号の停泊するアメリカンウォーターフロントは都会的なニューヨークと港町らしい風情のケープコッドの二つのエリアを擁するポートである。

客船の横にある、ホレイショースクエアには、普段、スクリューが設置されている。
これは、s・sカルガンチュアという沈んだ客船のものだという。

この船のモデルは1912年に沈み、映画にもなったタイタニック号だとされている。

クリスマスの時期になると、本格的な高さ15mのクリスマスツリーが立てられる。

s・sコロンビア号の中には飲食店が多数入っている。
船上から眺める東京湾は特に夕景、夜景が素晴らしく人気がある。

ホレイショースクエアの隣はウォーターフロントパーク。ショーなどはここで行われる。

そこにそびえるのはアトラクションタワーオブテラーの舞台ホテルハイタワーである。

タワーの横を通りすぎ、ポートディスカバリーとの間を繋ぐエレクトリックレールウェイの駅からメディテレーニアンハーバー方面に進路を取ると、幾つかのショップがあり、角にマクダックスデパートメントがある。

アヒルのスクルージがオーナーだ。
ショーなどのスポンサーになることもあるという設定。

テディベアのダッフィー、シェリーメイのグッズを買うのならば、ここを訪ねるといい。

日によっては混雑し、入場制限がかかることもあるが、品ぞろえがよく、この店でしか扱っていないものもある。

対岸に望むケープコッドからは、パーク内総てのエリアを周遊するディズニートランジットスチーマーラインが出ている。所要時間約15分である。

 

サイトマップ

結婚